動画無料視聴

ファインディング・ドリー/Finding Doryを無料で見れる動画を紹介しています。
動画無料視聴 TOP  >  アニメ >  ファインディング・ドリー/Finding Dory
最新記事
huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!







【にほんブログ村 映画動画】

ファインディング・ドリー/Finding Dory

ファインディング・ドリー

2016年公開のアメリカのアニメーション映画。2003年公開の『ファインディング・ニモ』の続編。
【ストーリー】 ある晩、ドリーは突如過去の記憶を思い起こす。そのまま朝になり、ドリーはニモと共に学校の遠足へ行くが、そこで不注意により激流に飲まれ、気を失ってしまう。他の生徒に囲まれて目を覚ますと、過去に似たような経験があったことを思い出す――「激流には近付いてはいけない」と言われていたこと、そしてそれを自分に教えてくれたのは両親だということ。ドリーは幼少期、何らかの理由で両親とはぐれ、次第に誰を探しているかも忘れながら彷徨っている内に成長し、マーリンと出会っていたのだ。改めて両親を探すことを決心したドリーは、唯一覚えていた「カリフォルニアモロ・ベイの宝石」という言葉を手掛かりに、ニモ、マーリンと共に両親を探す旅に出る。その道中、両親にまつわる様々なことを思い出す。

グレートバリアリーフからモロベイに着いた3匹だったが、途中でイカに襲われ、ニモが怪我をしたかもしれないという。助けを求めるべくドリーが水面へ上がると、人間に捕まり、海洋生物研究所の隔離棟に連れて行かれてしまう。そこでタグを付けられたドリーは、そばにいたタコのハンクに話を聞く。彼によると、研究所の生き物は適切な処置を受けていずれ自然へ還されるが、クリーヴランドの水族館に送られるものにはタグが付けられるという。そしてその出発は翌朝。ハンクは自然界にいい思い出がないため、水族館に送られて隠居することを望んでおり、彼女のタグと引き換えに、家族の元へ連れて行くことにする。

道中、自分のことを覚えているというジンベエザメのデスティニーと隣の水槽に暮らすシロイルカのベイリーに会い、自分の家はオープン・オーシャンという展示水槽にあることを教えてもらう。「カリフォルニアモロ・ベイの宝石」とは、まさしく自分が育った海洋生物研究所がある場所のことだった。ドリーはハンクにタグを渡してオープン・オーシャンの水槽に入り、ハンクは隔離棟へ戻って行く。水底に並べられた貝殻を見たドリーは、それが家への道しるべとして両親が置いてくれたものであることを思い出し、遂に実家にたどり着く。しかしそこはもぬけの殻で、そばには、紫色の貝殻、そしてパイプへとつながる激流が見える――幼少期、自身の将来を案じる母を見たドリーは、慰めに母が好きだった紫色の貝殻を拾おうとしてパイプに吸い込まれ、両親とはぐれてしまっていた。ナンヨウハギは全て隔離棟に移されたと聞いたドリーは、パイプを通って再び隔離棟へ行く。
監督 アンドリュー・スタントン
共同監督 アンガス・マクレーン
製作 リンジー・コリンズ
製作総指揮 ジョン・ラセター
原案 アンドリュー・スタントン
キャスト(声の出演)
エレン・デジェネレス/ドリー
アルバート・ブルックス/マーリン
ヘイデン・ローレンス/ニモ
エド・オニール/ハンク
ケイトリン・オルソン/デスティニー
原題 Finding Dory
製作年 2016年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
時間 97分

【ブログ村 映画動画】



上記バナーよりログインしてから再生してください。
【動画】 【動画】 【動画】 【hulu】 【ビデオパス】 【動画紹介】 【play】 【映画動画ranking】
【TSUTAYATV】 【FOD】 【動画検索】 【ブログランキンク】 【FC2ランキング】 【UP動画】 【U-NEXT】




PR
検索フォーム
五十音順タイトル一覧
PR
新作